本物のピラティスを学びたい方へ贈る【ピラティスの歴史・真髄・哲学】

カテゴリー: ピラティスコラム / Lolita's Legacy

2019.06.02

【養成】日本第4期(GourpD)Mat-System 1  ピラティスが奇跡を起こす

5/31からスタートした、Lolita’s Legacy™日本第4期(Group D)、3日目の朝です。

2日間のコース中には、様々な奇跡の様な出来事がありました。
奇跡の「様な」と書いたのには、意味があります。

 

1日目のこと。
ピラティスの基礎、そしてとても大切な「呼吸」をしている時に、1人の受講生の目から自然と涙がこぼれました。

感傷的な涙ではなく、ごく自然な涙。

傍から見ると、「え?」「どうしたの?「」「一体何が起こったの?」「凄い!!」とあたかも奇跡が起こったかの様に見えます。

しかしながら、これは全身が統合すれば自然に起こること、とエデュケーターの櫻井は言います。

 

 

涙を流した受講生は、「センチメンタルになったわけではなく、本当に、ごく自然に涙があふれてきました。こんなことが起こるとは想像もしていなかったです!」と、驚きと喜びを隠せない様子。

私自身も、改めてピラティスのパワーを感じました。 と同時に、櫻井の受講生に対する真摯な姿勢、本気、愛に感動を覚えました。

 

良い指導者とは、目の前にいる人に全身全霊で向き合い、どうしたらその人が成長できるかを自分のことの様に考えられ、自らの経験や知識を惜しみなく提供できる人。

良い受講生とは、指導者を信頼し、常にコーチャーブルな人ではないかと思います。

 

アインシュタインの言葉を思いだしました。

=================
人生には、二つの道しかない。
一つは、
奇跡などまったく存在しないかのように生きること。
もう一つは、
すべての奇跡であるかのように生きることだ。

 

アインシュタイン
=================

 

今日も素晴らしいコースになりそうです。

 

Lolita’s legacy™日本事務局

 

 

 

Lolita’s Legacy™公式第二世代ピラティスティーチャー櫻井淳子メルマガ登録
http://www.pilates-body.jp/JunkoSakurai/column/865

 

 

レガシーコラム「私たちの想い」はこちら
http://www.junkosakurai.com/column

 

別相談を承ります
スタジオ、電話にて、個別相談を承っております。どんなことでもお気軽にお問合せください。
:055-926-4402
📧:academy@pilates-body.jp