本物のピラティスを学びたい方へ贈る【ピラティスの歴史・真髄・哲学】

カテゴリー: イベント・セミナー情報ピラティスコラム / International Pilates Heritage Congress ピラティス国際遺産議会International Pilates Heritage Congress ピラティス国際遺産議会についてLolita's LegacyLolita's Legacyピラティスへの想い海外出張

2019.05.16

ピラティス界の大ニュース!ジョセフ・ピラティス生誕地が動き始めました!


今回のPilates Heritageでは、ピラティス界にとっても、ジョセフ・ピラティス(以下、ジョー)生誕地であるメンヒェングラートバッハ にとっても、素晴らしく大きな動きがありました。

 

なんどもこのコラムでも述べていますが、ロリータ がこの地を初めて訪れたのは、2009年のこと。

近辺に住む一人の女性が、どうしてもロリータ からピラティスを習いたい。でも、シングルマザーでどうしてもフロリダへ何度も通うことが難しい。それでも諦めきれなくて、ドイツに来てもらえないかと懇願したことが、全ての始まりでした。

 

彼女からの連絡を受け、ロリータ が最初に投げかけた質問は、

「ジョーの生誕地であるメンヒェングラートバッハ までは、どれくらいの距離か?」

でした。

 

なんと、彼女からの答えは「車で30分です!」。

その答えを聞き、ロリータ はその場で「OK!あなたのところでピラティスの専門的な教育を実施します」と即決しました。

これが、全ての始まりです。

 

その問合せをした彼女とは、今や私もロリータピラティスの仲間であるClaudiaです!

Claudiaとは、同僚として、ピラティスから人生における大切なこと(家族や子供のこと、スタジオ運営のことなど)を、いつもたくさんシェアしています。

少し余談になりますが、彼女の娘さんもロリータズレガシー を卒業して、Claudiaと一緒にピラティススタジオを運営しています。素晴らしい!!

 

ここまでのPilates Heritageの流れについては、ピラティスバイブルに書いてありますので、ぜひ読んでくださいね!

Amazon ピラティスバイブル

 

その年である2009年のトレーニングの合間に訪れた世界ピラティスデイでは、ロリータ は迷わずメンヒェングラートバッハ を訪れ、無料のマットクラスを開催しました。

ですが、りにも街の人が、ジョーの生誕地ということやピラティスメソッドを知らずに、ロリータ は衝撃とショックを受けました。今や(2009年当時)全米や世界でで広まっているメソッドにも関わらず、生誕地の人々は誰もそのことを知らない、という事実に胸を痛めたそうです。

そこからロリータ は市役所などに働きかけを続け、ジョーの記念碑(プラーク)が設置されたのは、2011年です。そのセレモニーには、市長やジョーの親戚も参加しました。

 

ロリータ は、その日のことを「生涯忘れられない日」と言って、いつも私たち弟子に語ってくれます。この話をする時のロリータ は、まるで天国にいるジョーやクララに報告するように、キラキラとした目で、空を見ています。ロリータ には、今でもジョーとクララの姿がありありと存在していることが、伝わってきます。

 

私にとっても、確かにジョーが存在していて、今その恩恵を自分自身や周囲が受けているんだ、と実感する時間でもあります。

こんな風にしてスタートしたのが、International Pilates Heritage Congress(国際ピラティス遺産議会)です。

 

さて、Pilates Heritage 2019では、素晴らしい進展がありました!

 

(1)全てのピラティスカンファレンスの記録を更新しました!
今回の参加国数は、なんと43カ国!250名近い参加者となりました。
私が初めて参加した第2回目は百数十名だったので、感慨深いものがあります。

この43カ国という数は、あらゆるピラティスカンファレンス、もちろんPMAのレコードも抜き、世界記録となりました。

 

記録がどうこいうというより、これだけの国でピラティスが取り組まれているという事実に、感動します。そして、参加していない国の方もいると思うので、さらにそれ以上になります。実際に、私のロリータ ピラティス同期のエストニアの友人は今年だけ欠席だったので、これだけでも最低でもピラティス普及国は44カ国となります。

 

主催者もプレゼンターも、近い距離感での親密なコングレスですので、英語圏以外で英語が苦手な方も、身振り手振りでたくさんのサポートを受けられます。そう言った意味で、ピラティスは国を超え、「ピラティスという共通言語が存在している」ということを、実感できる機会ともなります。

 

そして、各国にアンバサダーもいますので、安心して参加でることも特徴です!

 

(2)地元の新聞に掲載されました!

このPilates Heritageについて、40カ国以上から人が集まりコングレスが開催されていることが、ついに地元新聞に掲載されました!! この新聞では、Pilates Heritageの紹介と、このコングレスでの取り組みに貢献したロリータ の紹介と、ブレットのクラスが掲載されています。

ブレットのクラスは、ユース(10代)向けのクラスで、時とものティーンエイジの人が参加できる特別クラスです。コングレス会場すぐそばの学校の体育館で開催されました。

 

ブレットといえば、PMAや米国の教育団体で公認されている、キッズからユース向けのピラティス教育プログラムにも取り組んでいます。

そもそも第一回目から街の市長さんにもお越しいただいていましたが、こうして地元メディアに取り上げられるのは、本当に素晴らしいことで、このコングレスの大きな功績です!!

 

(3)メンヒェングラートバッハ 市が、ピラティス氏の功績を地名に残すために動き始めました!

素晴らしいニュースが飛び込んできました!

メンヒェングラートバッハ 市が、ジョセフ・ピラティスの生家の前に設置されている記念碑の場所を、ジョセフ・ピラティスの由来の地として正式名称をつけるべく、公式に動き始めました。これは、街でも大々的なニュースとなっています!

今回のカンファレンスとジョーを紹介している記事

ジョーを紹介している記事

ロリータ がこの地を訪れた際には「誰もジョーを知らなかった」という衝撃から、今年はちょうど10年です。

今では市が「世界中で取り組まれているピラティスメソッドが、この街で生まれたジョセフ・ピラティスによるものであり、これは、街にとっても非常に名誉なことである。」と市が発信するようになりました。

本当に、涙が出そうになります。

一人の想いは、世界を動かす。

ロリータ のパッション(情熱)のもとで、アジアで活動できることも、本当に嬉しく光栄に思います。ロリータ はもちろん、このコングレスの運営メンバーにも、本当に感謝の気持ちでいっぱいです!

 

★番外編★
今コングレスで何度もお目にかかっている市長さんですが、今回初めてピラティスに取り組まれました!!

Photo by Claudia Holtmanns. Teaching Reiner Grootenhiuis.

 

Pilates Heritageが無事に終了し、この街を去るために帰りのタクシーに乗ったときに、運転手から「あなたものピラティスコングレスにきたの?この街は、ピラティスがすんでいたんだよ!」と話しかけられました。

こんな風に、街の人からも「ピラティスが生まれた街なんだ」と誇らしく声を掛けてもらい、嬉しくて心が沸き立ちました!!!

実は、コングレスのオープニングでもキャッシーコリーが同じようにタクシーの運転手に話しかけられたというエピソードを聞き、会場で盛り上がったばかりでした。

 

誰かの想いが継続することで、世界が動いて行く。

 

そして、ジョセフ・ピラティスそのものがそうやって生きてきたからこそ、今もなお、その想いが受け継がれているのではないでしょうか。

 

まだまだ話しが尽きませんが、この素晴らしい遺産を、多くの人と分かち合って行きたいと願っています。

 

アンバサダーとして皆様へ

Pilates Heritageに興味がある方は、遠慮なく、私にコンタクトを下さい。次回は2021年の予定です。

海外カンファレンスが心配な方も、通訳などは入りませんが、興味があれば誰でも参加できますよ!ジョーの生誕地でのこのコングレスに居るだけでも、素晴らしい時間です。

私は、少し前まで一言も英語が話せませんでした。初めて米国トレーニングに訪れたときには、タクシー乗り場にすら空港からたどり着けないという有様でした。

当時は海外に行っても、どこでも、いつも一人でポツンとしていて、パーティーやディナーなんて、本当に時間を持て余す大変な場でした。。

ですが、10年以上かけて信頼関係を築き、拙い英語ながらも、今では世界各地にピラティス仲間ができました。そしてこのPilates Heritageでは、アンバサダーとして、最大限にサポートさせて頂きますし、英語が上手くなくても、とても歓迎してもらえる土俵ができました!

 

今回の参加者でも、「英語が全く苦手、海外カンファレンスが初めて」という方もたくさんいましたが、本当に楽しまれていました。少しでも気になっている方には、心からお勧めさせて頂きます。

 

私の願いのうちの一つは、「何の迷いもなく、”ピラティスは本当に素晴らしい”という指導者を一人でも多く生み出すこと」です。

 

それは、理論ではなく、魂からの声です!

 

一緒に、楽しみましょう!!!!!!

※少しずつ、海外の様子をアップしていきます!
★ドイツの旅の様子は個人ブログにアップして行きます!

=============================
櫻井淳子個人ブログ2019.4再開しています!

=============================

【事務局よりお知らせ】
Lolita’s Legacy第4期は、お陰様で満席となりました。また、日本第5期以降の募集については、日程が決まり次第お知らせいたしますが、一番早い情報開示はメルマガとなります。ご登録がお済でない方は、ぜひご登録ください。

Lolita’s Legacy™公式第二世代ピラティスティーチャー櫻井淳子メルマガ登録
http://www.pilates-body.jp/JunkoSakurai/column/865

 

コラム「私たちの想い」はこちら
http://www.junkosakurai.com/column

 

個別相談を承ります
ピラティス指導者養成コース Lolita’s Legacyについて、スタジオ・電話・メールにて、随時個別相談を承っております。どんなことでもお気軽にお問合せください。
:055-926-4402
📧:academy@pilates-body.jp