本物のピラティスを学びたい方へ贈る【ピラティスの歴史・真髄・哲学】

カテゴリー: ピラティスコラム / Lolita's Legacyピラティスへの想い

2018.04.03

【ピラティスの要『フット』】受講生向け特別勉強会の様子1:ピラティス指導者養成コースLolita’s Legacy(ロリータズ・レガシー)

Lolita’s Legacy受講生向けの、今年3回目の特別勉強会を開催しました。

受講生だけへの特別講義内容で、しっかりとカラダに落とし込める時間になりました。

今回の一つ目のテーマは「足」。

ピラティスメソッドにおいて、「足」は非常に重要なものです。

現在では、お腹を引っ込めるという名目で腹筋系の動きや、姿勢をよくするということで胸を開く動きなど、「フィットネスとしてわかりやすい効果」が一般的になっています。

ですが、大前提として、呼吸の他に、この「足」があります。

  • 足を見極める目を、持っていますか?
  • そして、足がどのようにワークしていると良いか、明確に判断することができますか?

 

どんなに良いセッションをやっても、「足」が機能していなければ、その足に積み上がった身体が日常生活で適切になれないことは、体全体が運動連鎖で繋がっていることや、生体力学的に考えても、誰でもわかることです。

ですが、ピラティスで最も伝わっていないことの一つとして、この「足」があるのです。

 

ロリータによると、ジョーは生前「私のこのメソッドをやるときは、フット(足)を思い出しなさい」とまで言っていました。

 

さて、ピラティス指導者養成コースLolita’s Legacy(ロリータズ・レガシー)では、コースの一番初めに、この「フットワーク」に取り組みます。そして、コースの中盤をすぎる頃から、徐々に受講生の「足」に変化が現れ始めます。

 

コース最後のシステム3では、多くのジャンピング・ボード(リフォーマーで使う用具)の動きにも取り組みます。

ですが、この「足」ができていない状態でのジャンピングボードの動きでは、単に運動量を稼ぐだけのトレーニングになり、身体を根本的に改善することには繋がります。どちらかといえば、この「足」の準備ができていなことで、「これまでの身体の癖を、より深くしてしまう」ということにもなるのです。

もちろん、運動量を稼ぎたい、または、単にフィットネスとして楽しみたい人にはオススメですが、ピラティスとして、本当に効果を出すためには、この「足」の準備が必要なのです。

現在の2期生も、コース開催から今月後半で1年が過ぎます。

最近になり、びっくりするほど身体の変化が現れてきます。

単に体力がついたとか、エクササイズが上手になったというようなこととは違い、とても深い変化です。

 

こうやって、コース全体を通して、体の準備ができて行くんですね。

 

身体の準備ができた第二期生と、卒業生のために、この日は「1時間」に及び全て自宅でもできるフットワークに取り組みました。その後に続いたマットワークでは、足からの変化を実感することができました。

足の機能がより良くなると、私たちの日常生活が全て変わります。
ジョセフ・ピラティスにとっても、フットワークは要でした。

 

こういった深いことを共有できるのも、受講生の皆さんが1年以上かけて取り組んできてくれた成果です。

とても充実した時間になりました。もう一つの特別勉強会の内容については、次のコラムにて。

ピラティス指導者養成コースLolita’s Legacy(ロリータズ・レガシー)第3期生6月スタート予定・募集中!
【参考情報】

 

【お問合せ】
ご不明点やご不安点があれば、どんなことでも事務局へお気軽にお問合せください。
PILATES BODY STUDIO
academy@pilates-body.jp
055-926-4402

Lolita’s Legacy事務局