本物のピラティスを学びたい方へ贈る【ピラティスの歴史・真髄・哲学】

カテゴリー: ピラティスコラム / Lolita's Legacyピラティスへの想い

2018.04.03

【成長し続けるための土台となる時間】受講生向け特別勉強会の様子1:ピラティス指導者養成コースLolita’s Legacy(ロリータズ・レガシー)

前回のコラムに引き続き、受講生向け特別勉強会の2は、「効果的な補助の方法」についてです。

相手をサポートするということは、そのエクササイズを「頭だけではなく、身体でもしっかりと体感していること」というのが大前提となります。

唐突な補助は、筋を緊張させたり、特定の筋肉だけを働かせ過ぎたりしてしまいます。

ではどうするかというと、エクササイズを知った上でのはじめの一歩は、「相手と呼吸とタイミング、方向性を合わせる」ということです。

言葉にすると簡単ですが、実際に実戦でやってみるのとでは、全く違います。

基礎レベルのエクササイズを習得しても、指導スキルを得るには、やはり数ヶ月では厳しいものです。また、基礎レベルのエクササイズほど、難しいものはありません。

基礎レベルのエクササイズは簡単なエクササイズに見えるので、「すぐにその場でできてしまう」と思われがちですが、もしそのように感じたなら、それは「ピラティスを知らないから、そう感じられること」なのです。

上級の生徒になればなるほど、基礎レベルのエクササイズの奥深さと、本当の意味での難易度の高さに気がつくものです。

ロリータズレガシーでは、コースを1年以上とっている理由はここにもあります。

基礎だからできたと錯覚してしまい卒業してしまうと、その時点で、「本来のピラティス指導者としての道」を手放してしまうことになっていまします。本当の身体感覚と心と体の統合を得るためには、それなりの時間が必要です。ここまで持ってきた時、「コースを卒業しても成長し続けられるベース」ができるのです

この日は、卒業した一期生と、現在受講中の2期生が一緒に学び、それぞれの立場での、新たな発見がたくさんありました。発見と同時に深みがまし、2時間が一瞬のようでした。

私がEducator(教育者)と思うことがあります。それは、もしこのコースを開催しなければ、このように深くピラティスを提供して行く機会すらなかったのではないかとさえ感じています。

毎月、このような勉強の機会を開催すると同時に、受講生の成長を心から願っています。

 

ピラティス指導者養成コースLolita’s Legacy(ロリータズ・レガシー)第3期生6月スタート予定・募集中!
【参考情報】

 

【お問合せ】
ご不明点やご不安点があれば、どんなことでも事務局へお気軽にお問合せください。
PILATES BODY STUDIO
academy@pilates-body.jp
055-926-4402

Lolita’s Legacy事務局